todayextra.exblog.jp

当サイトは超リンクフリーです。どんどん貼ってください


HONDA Today(トゥデイ)についのブログ。
by extra_today

管理人にネタとメッセージを↓
帰ってきたウル虎テレパシー

Todayを愛する者の交流場。 ↓
啓示板
メモ帳
クリックして下さるとブログランキングが上昇します。↓




ブログランキングくつろぐ

にほんブログ村 バイクブログへ



このサイトはTodayノーマル維持運動に賛同しています。
チューニングについては他のページを参考にしてください。
ただし、Todayを愛する事はノーマル派も改造派も関係なくエブリバディ仲間です。

リンク
HONDA公式ページ

+EXISTENCE+

3DPの豆腐屋さん

原付ジャーナル 「Colorful Today」

トゥデイ DIOオイル交換

価格.comのTodayページ

TODAY today





愛車がモンキーの方のページ↓
俺の愛車モンキー


お気に入りブログ
La nuova vespa?
カテゴリ
全体
HONDA Today日記
DIYメンテナンス
プチツーリング
未分類
以前の記事
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
タグ
(58)
(7)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
最新のトラックバック
渋谷 デリヘル 優良店紹介
from 風俗24時
目黒 人妻デリヘル 優良..
from 風俗24時
上野 風俗 優良店紹介
from 風俗24時
910699 Blog ..
from 910699 Blog Ve..
自動車リサイクル料金
from 車検費用攻略、車検費用を安く..
ガス/ガス
from なるほどキーワード
ストラップ
from 携帯電話
654321 Blog ..
from 654321 Blog Ve..
353190 Blog ..
from 353190 Blog Ve..
自動車税と軽自動車税について
from 自動車税を極める!車の税金の..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASPアクセス解析

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
<   2006年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
ファンタジスタToday
祝!訪問者2000人。
祝!人気ランキングToday8位

どうも、皆様いらっしゃいませ。
今日はTodayの微妙なすごさについてトーキングアバウト。

で、なんと言いますかすごいんですよToday!
発売から4年目に突入したけど、新年度モデルもなければマイナーチェンジもされないけど(ボディーカラーは一度変わったけど)まだまだ売れているんですよ!!
HONDAもこのまま売るつもりなんですよ!!

いやぁ、すごいすごい。(ショボーン)

好敵手(当社決定)のJ○Gレ○ツ4B○Vin○は毎年のように色の変更や限定車など色々と頑張ってるけど・・・・。

なんていうか、余裕なんでしょうかねHONDAさん。
競争社会なんだからもう少し努力しようよ。

DioにはスペシャルカラーがあってTodayには無いってどういうことですかコノ野郎?(値段もそんなに変わらないのにね。)

皆さんも疑問に思ったらHONDAさんに質問メールを送りつけてあげましょう。
どんな解答か興味ビンビン!

じゃ、今日はTodayって本当にすごいって理解したかビッチ諸君。
理解できなかったらTodayをもう一台買ってください。

では今日はこの辺でお別れです。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-31 22:46 | HONDA Today日記
まいじゃーなサイト
「犯人はこの中(社内)に居る!!」

生産停止になった機械の犬が名探偵?
犯人はなぜか必ずS○NYの社員?(AIB○の逆恨みか?)

新感覚「社内犯罪立証(でっちあげ)」サスペンス、『AIBO(あいぼう)』。
次の犯人はどの社員か・・・・・もう誰も信じれない!

         俳優のAIB○が生産停止になったせいで放送中止となりました。めんご。            

さて、ごきげんよう皆様。

この虎のブログ、密かにと言いますか地味にと言いますか、訪問者がなかなか多い人気サイトなんですよ・・・・これがまた。(メジャーでもマイナーでもない、「まいじゃー」サイト。)

f0004284_20191189.jpg




























一日だいたい30人以上。
Yahooのトゥデイカテゴリでもそこそこ人気。

でも、検索じゃ上位に入らない。
良くて40位前後。

ダメだコリャ!!

ま、ノーマル支持で改造情報皆無のサイトじゃそんな物です。

これからも地道に活動していきます。

さて、話は変わりまして

f0004284_19372088.jpg
















こんなん出ましたけど。
50ccの黒い奴さん掲示板で紹介されていた写真です。

テールの先に注目。↓

f0004284_19372088.jpg



















我が家のポンコツさんと同じです。

もしかして、最近の流行ですか?
我がサイトの悪影響ですか?

まあ、何にせよとりあえず我がサイトが本家本元・元祖宣言デモクラシー

つまり、我がポンコツさんは世界初(2005年11月21日現在ウェブ上、当社調べ)テールにモールを付けちゃった!Todayだという事の宣言です。(まあ、これまでにも居たとは思いますけど)

そして勝手に、このテールに付けるモールの名称も『モテール』として世間にプッシュプッシュ。
コピーライトと意匠権で大もうけを狙いたい。(ムリだ!)

そいうわけだから(どういうわけだ?)、みんなもテールにメッキモールを付けちゃってください。
きっとカコイイよ。(やっちゃった勇気のある人はついでに写真送ってね)

じゃ、今日はこの辺でさようなら。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-30 21:30 | HONDA Today日記
ECOECOアザラク~エコまっしぐら~
今日は旧式の原付(2サイクル車)の背後に停まって白い排気ガスの洗礼を一身に浴びました。

あの後姿には確かな殺気がみなぎっています。
一流のスナイパーばりに「俺の後ろに立つな!!」って感じ。

これが四輪車だったら車内は密閉されていて平気なんだけど、二輪車じゃあマスクでも装備していない限り確実にガソリンとオイルを肺活量の分だけ吸い込む宿命。

とりあえず、可能な限り息を止めた。
これだけ息を止めたのは、子供の頃にキョンシー映画に影響されて以来だよ。

最近は2サイクル車でも謀殺されるような排気ガスは出ていないようです、吸って確認するなんてしませんが。(規制が厳しくなっているので多分大丈夫。)

前方の原付のマフラー(2サイクルだとチャンバーって言うらしい)から出ている白い気体を眺めながら、自分のマフラーを確認しました。

煙が目視不能。
まさか、光学迷彩かっ!

しかも、マフラー自体もほとんどブルブルと震えずに静かな物です。
前方の原付なんて、ガクガクブルブルと震えがノンストップ。

さすがだ。
クリーン4はだてじゃない!」
4サイクル万歳!!Today帝国に栄光あれ!!

まあ、乗ってる本人には自分が出す排気ガスより他人の排出ガスの方が問題なんだけどね。

貧弱なポンコツさんの長所は燃費と環境性能と静音性です。
そこんとこ、よろしく。
だから目先の馬力は気にしないで。

じゃ、そういうことで。
合言葉は、エコまっしぐら
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-29 22:18 | HONDA Today日記
第一次スーパーレトロ大戦勃発。
ビーノマニアさん閲覧して思ったんです。(通称:ビーマニ)

Todayはビーノにライバル視されていない!!
アウトオブ眼中!!(オゥ、ジーザス!)

もしかして、我々Today人が一方的に敵視していたというのか?
同じ4サイクルとして(2004年からですが)。
分類的に同じレトロスクーター(外見が)として。

いや、ライバル視されているのは90年代のレトロスクーター限定だから、2002年製造のTodayじゃしょうがないよ。(クレアスクーピーは2001年製品だけど)


まあ、そういうことで敵視されてないなら、させてやろうホーホケキョ。

汝、隣人を暗殺せよ!と、どこかの聖書で見間違えた気がしますし。

Todayをライバル視しなかったことを後悔させてやるぜ。

では、カタログスペックを比較してみましょう。
Vino
Today

ではまず重量について。
装備品込みでの重量はビーノがTodayより約4kg重く、鈍重な車体となっている事が良く分かる。

次に、燃費について。
このカタログではビーノの燃費はリッター62㎞。Todayに3㎞追いついていない。
ヘビーウェイトが仇になったな、ふっ。(でもビーマニでは70㎞走ると言う説明です。)

小回りとか車高とかは比較してもほとんど変わりません。

で、次は圧縮比でも・・・って12:1?
ビーノの圧縮比は12:1ですって。
あらまぁ、大変。圧縮比は負けてるかしら。
まあ、圧縮比が高いと出力が増える変わりに、ノッキングとやらが起き易くなるらしく、ノックアウト(K.O.)される可能性も増えるだろうからその辺は普通どおりの圧縮で良いんじゃないかな?(原付だとノッキングという現象は起こりにくいらしい。)

で、その次は燃料タンク容量。
タンク容量は燃費と絡んで走行継続距離に関連するので原付には重要な要素だ。
比較すると、ビーノは4.5ℓでTodayは5ℓ。
0.5リットルの違いですが走行距離に換算すると結構違います。(約20㎞)
ビーノならエンストしてもTodayなら更にガソリンスタンドまで行くだけの余力が温存されているのだ。
これは結構すごい差に感じられ、もちろんTodayの勝ちです。

ここまで、大まかな部分を比べてみてTodayもVinoに比べて引けを取らない優秀な原付であると分かります。

しかし、馬力やトルクを見ると予想通りというか、今まで通りというか、あいも変わらずTodayは貧弱そのものです。
ビーノに完敗!!(でも、外見は負けてないぞぅ。そこは人の好みだ。)

Vinoにギャフンと言わせるつもりが、逆に返り討ちにあいました。
やぶへびここに極まれり。ああ、敵に塩を送って欲しい。

そういう訳で、みんなライバルだとか血気盛んな事はやめて平和に仲良くしよう。(勝ち目無いから)
とりあえず、Todayの存在をビーノマニアさんに認識してもらう所からはじめましょう。
じゃ、さらばでございます。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-28 16:44 | HONDA Today日記
ソニーが・・・なんてこっ退(撤退)
今日はちょっと溜まったウル虎テレパシーをご紹介。(旧ウル虎も含む)

ではまず
>管理人さんのプロフィールが分かりません。教えてください。

よし、教えてやるから覚悟しろ!!

名前は気分で変わります(砂漠の虎 等)が、一般的な公称は『虎』
尊敬する師匠は藤村大河。
生産地は宇宙の最果てアウターリミッツ3丁目「タイガー星(株)」、そこから出荷されて20と数年前にこの地球にやって来ました。(大気圏突入スキル習得済み)
現在の生息地は京都府長岡京市。
もうすぐ社会に出て病院で働く事になる予定の夢見がちな大学生です。(医者じゃないよ、事務員)
趣味はToday鑑賞とTodayいじりとTodayめぐりにToday撮影、Today収集です。(他にもありますが・・・Today栽培とかね)

>私もノーマル信者です。

素晴らしい。
ついでにTodayを保護する為にHONDAに寄付金を10億円ほど振り込んであげましょう。

>Today持ってません。

買え!命を切り売りしてでも!

>ハーモニーさいあくですぅ~。

乳酸菌取ってるぅ~?(参照)

>ツーリングって寒くなかったですか?

ああ、大丈夫。
サイドバイザーが冷気を跳ね除け、上半身には17万円の牛革コート(おばさんに新品をプレゼントされました)を着て、下半身にはズボンの下にモモヒキを装備してたんですよ。

夜に風呂に入る時、上半身裸で鏡を見たらなんだかデジャヴに襲われました。
・・・・・・ああ、江頭か!と。


まあ、そんなこんなで紹介したテレパシー(略してテー)は沢山ではありませんが応援されてる事が実感できます。
送ってくれてありがとうございます。
これからも、頑張るのでよろぴく(死後)ね。

じゃ、今日はこの辺でお別れだ!
冒険の再開パスワードをちゃんとメモっておいてね。(一文字でも間違えると即死)
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-27 22:07 | HONDA Today日記
京都冥府魔道案内 後編
さて、今日も昨日に続いて京都清滝への日帰りの旅 後編です。

高雄パークウェイ入り口から京都タワーを撮影した後はサクサクと次に出発です。
道路の横には雪をかぶったままの民家があります。

f0004284_112339.jpg


























写真で見ると風情や郷愁があると思いますが、そこを走る人間にとっては不吉な前触れです。
実際に、帰りの道で恐怖することになるんですよ・・・。

で、高雄パークウェイの入り口近くにある看ボードには清滝まで1kmとなっています。
近いように思えますが、実際には上り下りの山道で体感的には3kmぐらい。

清滝に行く道は途中から1車両が通るのがやっとのスリム道へとダイエットをはじめます。
なんと、トンネルも交互通行。

f0004284_1122123.jpg



























信号で交互に通行するシステム。
個人的にこんなに狭いトンネルは他に知りません。

もし、信号が壊れていたら・・・とっても大惨事に。

ちなみに、トンネルの上には迂回路がありますが一方通行ですので帰り道にしか通れません。

トンネルを抜けるとそこは・・・・超下り坂。
エンジンで走るというより、エンジンブレーキでスピードを抑えるんです。

走るためではなく、止まるためにエンジンを使うなんて久々の体験。
しかも、スリム道なので対向車が来たらデンジャラスです。

で、ようやく下り坂が終わると、愛宕山の入り口兼清滝にようやく到着です。

f0004284_1124039.jpg



























そこで、出会った悲劇。
・・・・・・駐車場は有料です。


またか、資本主義はそこまで観光客の財布を付け狙っているのか?

とりあえず見なかったことにして路上駐車。
だって、駐車禁止の標識が見当たらないもん。

これが車だったら、車一台分の幅しかない道に駐車したら迷惑行為ですがそこは2輪車。
道の端に停めても邪魔にはならない。

f0004284_1124829.jpg



























で、写真を撮ったんですが説明ボードが京都府の管理によって見事に腐っています。
文章が読めません。

古代遺跡の文字がかすれてるのはよくありますが、れっきとした観光スポットで説明板が風化してしまっているのは奇跡です。
行政の職務怠慢です。(誰も直そうとしないのかな?)

がっかりです。
駐車料金払った人ならさらにがっかりです。

そんな感じで愚痴を言いたくても言う相手がいないので、静かに帰路に着きました。
ああ、山に登ったりはしませんでしたよ。滝もないですし(清滝なのに?)。

帰り道は最初に通ったトンネルの上を走っている迂回路を通ります。

f0004284_114886.jpg


























今日何度目かの衝撃。

トンネルを上ると、そこは雪道だった。

ええ、急勾配の道に雪がボトボト落ちてるんです。
滑りそうになって、とってもスリリングでした。

f0004284_1141493.jpg


























とりあえず、雪がない所でポンコツさんを撮影。(今回は最初で最後)

他の山は雪なんて残ってないです。
なぜ、どうして、ここには残っているんですか?

などと考えても仕方がないので出発。

急勾配をポンコツさんと一緒にゆっくりと上って行きます。
エンジンに負担を与えないために力を抑えているのでスピードは12km。

・・・・全開にしてもきっと25kmまでは出ないんでしょうね。

恐るべき山道。
気分はもう八甲田山を雪中行軍ing。

で、その急勾配がいきなり下り坂に。
そう、この道はトンネルを底辺にした三角形のような上り下りの道なんです。

ジェットコースターが最初の突起を上り終える感じそのままを体感しました。(ジェットコースターって怖いんで1回しか乗ったことないですが)

エンジンブレーキじゃスピードを抑えられない。
ブレーキを全力でかけないと停まる気配がありません。

・・・しかも、所々に転がってる雪に気をつけながら。

原付に乗って初めて、生きてきて初めて、下り坂に恐怖心を抱きました。

もう冬山には行きたくありません。
トラウマになった山ツーリングでした。

トンネルの前まで戻ってくると、その後は上ってきた普通の坂を普通に下るだけです。
普通、最高!

f0004284_1142385.jpg

f0004284_1142859.jpg



























そして、帰り道では有名なトロッコ鉄道の嵯峨駅も観光してきました。

道が細くて入り組んでて迷子になりましたが、それは深く語らずにおきます。


そんなこんなで、往復50数km。
午後4時には何とか冬山デスマーチを達成して我が家に無事帰宅することができました。
一日で、いろいろな思い出ができて満足です。

一番思い出に残ったのは、そうですね・・・・・・・チョイノリ(choinori)に追い抜かれて追い付けなかった事でしょうか。

ガッデム!!

時速30キロにパワーセーブしていたとはいえ、チョイノリ(通称:チョイノロ)に追い抜かれてちぎられるなんて・・・・・悪い夢をみていたようだぜ。ふっ。

なんといいますか、べジ○タの気持ちが良く分かりました。

「最下級戦士のカカ○ットに俺が負けるはずがない!!」

なんだか、嫌な思い出が多く残ってしまったツーリングでした。


ビッチ諸君もがんばってTodayと一緒にいろいろな所に出かけてくれたまえ。
じゃ、さようなら。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-26 13:26 | プチツーリング
京都冥府魔道案内 前編
思い立ったが既成事実。
檻入り獣(人間だと箱入り)の管理人は思いつきで京都の観光名所、嵐山経由で清滝川までプチ家出ツーリングに行っちゃった。
そこで、今日と明日はそのレポートと相成ります。
f0004284_19513555.gif
















目的地までは直線距離にすると約15㎞。
回り道と言うか、走りやすい道を走ったので実際は25㎞強となります。

嵐山までの経路は途中までは普段良く使う道を使用しましたし、基本的に京都市内を通らないので渋滞もなくスイスイと走る事が出来ました。
嵐山までの所要時間は約40分。(早ッ!!)

早めに昼食を食べてから出発しましたが、午後1時には嵐山に到着していました。
とりあえず駐車できそうな所を探しましたが、どこでも有料なのニャ。(有料って胸キュン?)
トイレすら有料。

さすがに観光の名所は徹底した資本主義帝国。
人情と優しさはお金で買うしかないのだ。
しかも、警察が駐車違反を取り締まるので変なところでは駐車も出来ない。

・・・観光名所が嫌いになりそう。

で、ようやくとめられそうなスペースを確保。
でも関係者以外はダメそうだったので写真を撮ったら即撤収。

f0004284_1657369.jpg














有名な観光名所、「渡月橋」
以上、説明終わり。

f0004284_16575315.jpg


























さらに、ジャニーズの嵐が斜め腕立て伏せをして肉体を鍛えている決定的現場に遭遇。

・・・・、いやただのヒューマンパワーカーのお兄さんです。
ちなみに、人力車は究極のエコカーとして世界環境大統領賞を受賞したそうで、外国人観光客に大ウケだそうです。

f0004284_165804.jpg


























ついでに、しだれ桜。
これまた外国人に大ウケ?


そして一通り写真を撮り終えたので、ちょっと京都人の強欲商売根性の洗礼にバッドな印象を覚えつつ、目的地清滝川に向けて再出発。

途中、美空ひばり館や観光スポットなどもありましたが路上駐車禁止と警察官が目をフラッシュさせていましたので写真はありません。

嵐山に観光に行く時は電車を使いましょう。
車と2輪車には不親切極まりまくり。


で、清滝に続く道をひたすら走っていくと市街の風景が山道へとだんだん変わってゆきます。

清滝へ行く途中にある高雄パークウェイでも通ってみようかと思いましたが、原付は料金表になく2輪車で800円となるのでやめておきました。

f0004284_1711810.jpg


























で、代わりにパークウェイ入り口付近から見た京都市内の写真。

f0004284_1714219.jpg


























ここで、新事実。
京都タワーが見える場所にも雪はまだ残っている!!

京都に雪が降ったのは2日くらい前です。
私の家の近所も嵐山の雪もとっくに溶けています。

山はやっぱり寒いんですね。
うっかり遭難できません。

f0004284_16595348.jpg























で、まだ雪が残っている山道をさらに奥深く進んでいく事になるのですが、それはまた明日という事になります。

いや、ほんと冬山ツーリングは邪道かつ冥府魔道だった!!

次回「その時、虎は冬山に何を見たか?」。

じゃ、そういうことで。
待て、しかして希望せよ。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-25 17:04 | プチツーリング
ボーン・アイデンティティー
キバヤ○「ノス虎ダムスの予言どおり堀○が逮捕された!」
その他「なんだってぇえ!どういうことなんだキバ○シ?」

・・・・世間は忙しいようですが、皆様は何の影響もなく生きているでしょうか?
私は株主でもなければ、ライブド○の軍門にも下っていなかったので平和に生きています。


さて、今日はボディーフレームの話でもしましょう。

ボディーフレームっていうのは人間で言う骨格、ボーンです。
私も詳しくは知りませんが、Todayはアンダーボーンらしいです。
アンダーボーンは乗りやすい、降りやすいというメリットがあるそうな。

Todayのファクトブックにはフレームの事なんて触れられてませんが、ジョルカブのページを見てみると良く分か・・・・・りません。
ハイテンションだとかピボットだとか何だろう、気分とかバスケット技術が関係するのか?

フレームの材質も知らないんですが、多分アルミだと思います。

ポンコツさんはジュースの缶と同じ?
段差を乗り越えるときに、ギシギシと車体が軋むのはアルミ製だからでしょうか?

アルミ缶って一般的に柔らかいイメージがあるけど、同じアルミ製の1円玉は硬いです。
どうも、アルミって鉄より硬くて軽いらしいです。(コストはかなり掛かるらしい)

だから、別にアルミフレームはヤワでも危険でもないんですよ。
ただ剛性だけではなく、衝撃を吸収するしなやかさも求められたからあんなに車体がギシギシとしなるんだ。
だから、あの乗り心地はショックを和らげているんであって、決して精神的に追い詰めようとか、サスペンション崩壊寸前のお知らせとか、コスト削減のせいで手抜きになってしまったとか、材料費をケチったとかじゃあないんだ。

そう、すべては予定調和。

そんな感じでビッチ諸君にちゃんとアンダスタンしてもらえたと確信犯。
ジョルノクレアだって、スクーピーだって、Dioだってアンダーボーン帝国の手先だ。

Todayもきっと他の原付と同じようにアルミダイキャストフレームとかいう技術で作られてると信じよう、Todayのファクトブックはあっさりとしてて(Todayが安い値段だからか?)フレームの製造技術なんてどこにも書いてないけど。
きっとスクーピーなんかと同じフレームの製造ラインなんだよ、コストが削減できてるって書いてあるし大丈夫だよ。Todayは中国工場で生産されてるけど。

・・・・なんで書けば書くほど不安になってくるのかな?

Todayって、もしかして手抜きされてるんですか?
目に見えないところだからって、強度偽装ですか?

とりあえず、壊れはしませんけどもう少し余裕のあるフレーム剛性にしてもらえるとありがたいです。
というか、フレームの構造を教えてよ。

まあ、そんな感じで今日はHONDAのすばらしいフレーム技術をほんのりと堪能いたしました。(肝心のTodayついては資料がございませんでした)
Todayもきっとすばらしい技術でできているでしょう。いや、そうに違いない。
では、明日も地球が滅亡していなければ来てみろりん!
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-24 12:48 | HONDA Today日記
呪いのワナ人形
こんなTodayはイヤダ!

・馬力アップと引き換えにボディーデザインがDioZ4になったToday。(只のDioじゃん)

・かといって馬力が激減したToday。(馬1等分ぐらいまで)

・ボディーカラーが死兆星グリーンというネーミングだ。(見た者は死ぬ運命!)

・後付ドリンクホルダーにワンカップ大関を標準装備だ。パトカーの横で一気飲み!(武勇でんでんででんでん)

・宣伝のイメージキャラクターが15歳未満のアイドルだ。(どこのメーカーでも16歳以上を起用しています)


さて、みなさん今日はヤマハ発動機がテリブルだ。
ライブ○アとまでは行かないがイメーィジダウン間違いない。

まさか、ビ○ノに追い抜かれるたびに呪いのまきまきをしていたのが効いたのか?(まきますか?まきませんか?)
まさか、B○に追い抜かれるたびに2ストロークエンジンよ滅べと願っていたのが効いたのか?(昨日は追い抜かれたっていいとか言ってた様な気がするけど気にしないでね)

とりあえず株価が下がったり業績が下がったりするかもしれない。
その間に皆がTodayをバイしてくれるとユーザー冥利に尽きます。

でも、人を呪わば穴二つ。
明日はわが身にならないように気をつけたまえHONDA君。(何様だ?)

あ、それとウル虎テレパシーがこれまでのWeb拍手と違って匿名ネタ応募システム(管理人も初耳)としてパワーアップしてしまいました。
なにか、ネタになりそうな話とか質問とか話のシードを提供していただけるとヘルプミーだ。(通称:トリビ○の種システム)

じゃ、そういうことで。
さようなら、さようなら、さようなら。(淀○さん風に)
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-23 21:10 | HONDA Today日記
「走れToday!」
これから始まるDieレース
ひしめきあっていななくは
本田の原付約4馬力
今日は祝日めでたいな
走れ走れToday
SUZUKI,YAMAHAかきわけて
走れ走れToday
追いつけ追いこせ引っこぬけ(元ネタ)


どうも、皆の衆ご機嫌麗しゅう。
今日も我が家のポンコツさんは元気です。

というか汎用傑作原付のTodayに問題など起こるはずもありません。
リコールだって死に繋がる様なものではありません。むしろ新品の部品に換えてもらえて好感触。

惜しむらくは歌にあるが如く、スタートダッシュで出遅れるどこまでいっても離される所でしょうか。

しかし、そうはいっても箱根だって越えられる超絶根性とそこそこ馬力を持っているのだ。
マラソンの先導をしてトロトロ走らされる大型スクーター様の事を思えばなんて優雅なんだ。

「馬力なんて飾りです、偉くない人にはそれが分からんのですよ。」

なんていうんでしょうか、ポンコツさんは例えるならクリ○ンなんですよ。
悟○やべ○ータのように主役にはなれないけど名脇役にはなれるんです。

ピッコ○さんのように中途半端なパワーは持ってなくても、みんなの記憶には存在がしっかりと刻まれまくりです。

出遅れたって、追い抜かれたっていいんですよ。
自分がTodayを愛して、乗る事を楽しめたらそれで十分です。

「原付に不満があるなら自分を変えろ。 それが嫌なら耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ」(スタンドアローンコンプレックス!)

とりあえず、出だしや最高速は不評ですがそれがいい味なんです。
ク○リンが主役のドラゴン玉なんて嫌ですから。

そんな感じですんで。
ノーマルを保護しましょう。
改造しちゃった人もエンジンを大切に扱ってあげましょう。

では、今日はこの辺でさようなら。明日も来てみろリン。
[PR]
シンパシーできる強者はクリックを↓↓↓
by extra_today | 2006-01-22 15:33 | HONDA Today日記